女性生理中 生理痛

生理痛ってどうして起るの?そのメカニズムをご紹介

生理痛ってどうして起るの?そのメカニズムをご紹介

今回は生理痛のメカニズムについてご紹介したいと思います。

 

実は女性ホルモンが関係していた

 

あれほどまでに痛みが現れる理由には、ホルモンが関係しています。

 

「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが生理痛にはたくさん分泌されます。

 

元々は経血が体の外へきちんと出てくれるようにサポートしてくれるものです。

 

体の中にとどまったままでは困る子宮内膜を、体の外に出してくれるわけですから本質的な役割はとても重要なのです。

 

 

ちょっと困った存在でもある

 

ところがプロスタグランジンには少し困った機能も兼ね備えています。

 

それは「子宮を収縮させる」という機能です。

 

といいますのも、子宮を収縮させるということは「赤ちゃんを産むときの動き」になるため生理の間プロスタグランジンが過度に分泌されてしまうと陣痛を味わうのと何ら大差ない状態になってしまうのです。

 

痛みをどうにかこらえたいと思ったところで、子宮内膜を外に排出しなければと体は考えてプロスタグランジンを分泌しているためどうにもならない痛みが全身を襲うのです。

 

 

他にもいろいろな原因が考えられる

 

痛みの大きな原因としてはホルモンが考えられていますが、他にもいろいろな原因がいわれています。

 

ストレスが溜まっているときとか疲れが溜まっているとき、体が冷えたときにもそうなるといわれています。

 

とはいえ、こうした原因によってよりプロスタグランジンが大量に分泌されると言うこともあります。

 

 

あなたの体に起っていることは正常の範ちゅうにある

 

プロスタグランジンは生理には欠かせないホルモンであるため、痛みが起ったとしてもすぐに何か大きな病気になったというわけではありません。

 

ただ、陣痛と大差ないほどの強い痛みを感じるのでは日常生活にも支障を来しますのでぜひとも婦人科の先生の元へ訪れることをオススメします。

 

痛みを和らげる治療法がありますから安心してくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ