女性生理中 冷え性 生理痛

夏だからこそ気をつけたい体の冷え!生理痛の原因にもなる

夏だからこそ気をつけたい体の冷え!生理痛の原因にもなる

本当にその生活でいいのかな?

 

ところで、暑いからといって体をみだりに冷やすことははたしていいことなのでしょうか。

 

 

実際の所そうとはいえません。

 

 

暑すぎるのも考えものですが、寒すぎてしまうと今度は体の調子がおかしくなりやすくなります。

 

 

体温が下がりすぎてしまって思わぬ不調が体中に現れるのです。

 

生理痛がひどくなるのももしかしたらこれかも!?

 

女性特有の体の症状として表れやすいのが「生理痛」です。

 

 

元々痛みがひどいという人は体を冷やしすぎてしまうと、余計に痛みをひどくしてしまいます。

 

 

冬はまだいいのだけれども、夏のオフィスで仕事をしていると痛みがひどくなるという方も体が冷えてしまっていることにより痛みが激しくなっているといえるでしょう。

 

生理中はなるべく体を冷やさないようにしよう

 

痛みを抑えるためには様々な治療法やお薬がありますが、まずは体を冷やさないようにすることから始めましょう。

 

 

体を冷やさないためには一体どうしたらいいかといったら、冷房の設定温度を下げて少し涼しいくらいの温度に調節するとか温かい食べ物を積極的に食べるといったことがあげられます。

 

 

「真夏だというのに体を温める必要性はないだろう」と思われるかも知れませんが、夏の暑さは体の表面ばかりを暑くして肝心の体の内側を暖かくしないということが多いのです。

 

 

体をなるべく冷やさないような生活を心がけてください。

 

 

中には「オフィスがいつも寒い」という環境の方もいらっしゃるかと思います。

 

 

オフィスの空調はなかなか変えられませんから、膝掛けを使うとか腹巻きをするといった冷え対策をとってください。

 

夏だから気をつけたい体の冷え

 

夏は暑さばかりに気をとられ、体の冷えにはついつい注意が向かなくなってしまいます。

 

 

だからといって体の冷えを何も対策しなくていいかといったらそういうわけではありません。

 

 

夏だからこそ体の冷えに気をつけるような食事を心がけたり、生活習慣を心がけましょう。

 

 

お風呂にゆっくり浸かったり疲れをためないような生活をすることも効果的といわれていますよ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ