女性生理中 がんばり屋さん

がんばりすぎてしまう女性がなりやすい生理痛

がんばりすぎてしまう女性がなりやすい生理痛

がんばりすぎてしまう女性が急増中

 

しかし、多くの会社で「がんばりすぎてしまう女性」が急増しています。

 

「がんばりすぎてしまう女性」とは男性と同じように仕事をしようと思って、普通の男性ではとてもこなせないような量の仕事を一人でてきぱきと仕上げてしまう女性のことです。

 

職場の人たちからはすごい人といわれるのですが、疲れがドンドン体に溜まってしまういう悩みを抱えています。

 

 

疲れたからだが悲鳴を上げてしまう

 

体に疲れをため込んでしまうと、いつの日か突然悲鳴を上げてしまいかねません。

 

どんな症状によって現れるのかは人それぞれですが、生理痛はその症状の一つといわれています。

 

 

一般的な仕事量の女性であっても生理痛に悩まされている方が多いというのに、働き過ぎて疲れがたっぷり溜まってしまうとひどい生理痛になる恐れがあります。

 

定期的に休みを取って体に疲れをためない生活にしよう

 

少なくとも生理中にあの痛みを持続させながら仕事をするのは、体にも良くありませんし仕事に集中などとてもできません。

 

 

痛み止めも気休めに過ぎないくらいの痛みになることだって十分に考えられますから、「今私はちょっと働き過ぎだ」と思ったら休みを取ることをオススメします。

 

 

1日や2日仕事を休んだってあなたの能力を忘れる人はいませんし、第一それくらいがんばる人を放っておくような会社はありません。

 

むしろ少し休んで体と心の元気を充電してから、又仕事に取り組めば休む前よりも遙かに効率よく仕事ができることでしょう。

 

体の不調を引き起こさせないためにも、適度な休暇が必要なのです。

 

自分の身体の調子が大切だ

 

仕事をがんばりすぎてしまう女性は、本当にきまじめな方で何でも完璧にこなそうという考えをお持ちの方が多いかと思います。

 

 

しかし仕事は体の調子が良くなければできません。

 

 

ある日突然、体調が悪くなって仕事ができなくなってしまうことのほうがよほどリスクといえるでしょう。

 

 

休めるときにはしっかり休んで、仕事をしなければならないときには仕事をするというメリハリをはっきりつけましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ